電子的積みゲー

日々のPCゲームプレイをメモし、楽しむために上達する

スーパーロボット大戦X その3「それぞれの決意」

第9話「暗闇の灯火」

アル・ワースに帰還する事が出来た一行がこれからの方針を決めようとする中、自分のせいで仲間達にまで危害が及んでいると思い込んだ主人公は、その姿を見たアイーダと共に出奔する。だがその道中で二人は転移してきた2機のMSおよびパイロットを襲う魔従教団と遭遇し、交戦する。

主人公機の武器追加およびF91の二人の参戦です。火力が足りなすぎてサポートに回らざるを得なかった主人公がようやくまともな火力を!

しかし選ばなかった方の主人公がライバルとして登場するんですね。今回は女主人公を選んでいるので男主人公がライバルとして立ちはだかりましたが、これ逆だとあの子があんな変な仮面を被ってるのか……?

第10話「めぐり合う螺旋」

一行は補給物資を積み込んでいる間に近くの村が山賊に襲われていると知り、更にその山賊退治にたった一人で挑んだ男がいると聞く。山賊は獣人達で構成されており、更に挑んでいたのは獣の国で活躍した『シモン』だった。

グレンラガンの登場です。さすがグレンラガン、素でもスーパー系なので攻撃力が高めなのですが、螺旋力が発動すれば更に高まって次々と敵を潰してくれます。しかしグレンラガンとワタルの相性が機体デザイン的な意味でいいなぁ。

第11話「宿命の二人」

ドッコイ山に向かった一行はそこで不自然な竜巻を目撃する。それはクルージング・トムが創界山第一階層の宝『神部の笛』で作り出したものだった。一行は宝を取り戻すためにクルージング・トム率いるドアクダー軍団と戦うが、そこにはシモンの宿命の相手でもあるヴィラルの姿もあった。

ワタルの話がメインですが、戦闘シーンではグレンラガンも混じり、更にその後の謎解きにはバディコンの青葉とディオが絡むというのに驚きました。前者は前話で明確に引っ張られていたので来る事はわかっていましたが、後者はワタルのあの試練をカップリングで突破するというクロスオーバー*1

今作では世界を旅する形なので創界山を直接攻略しませんが、各階層のボスとはしっかりと戦う形になりそうですね。

第12話「オーラバトラー飛翔」

ドアクダー軍団として戦うトッド。そんな彼の憎しみのオーラ力に気圧されそうになるショウ。出撃前にヴィラルから受けた忠告の意味もわからずこのまま討たれそうになったその時、死の直前までの搭乗機であったビルバインが飛来する。それに乗っていたのは命を落としたはずの仲間『マーベル・フローズン』だった。

ショウがビルバインに乗り換える話です。ストーリー的にはトッドとの戦いに対する意志が切り替わり、トッドもそれを喜んでいるようでした。彼は単純にショウ憎しというわけではないようですね。

ビルバインダンバインよりも遠距離に対応しているのがありがたいですが、本領発揮はショウのオーラ力がLv6まで上がってからですかね(ハイパーオーラ斬り的に考えて)。

シークレットシナリオ「想いというオーラ」

マーベルとの再会を経てショウの気持ちも揺らぐ中、警備のゴーレムに襲われる。その戦いの中でマーベルへの想いからショウはオーラ力が暴走しかける。しかしそれを止めたのは今までずっとショウと共にオーラバトラーに乗っていたチャムだった。

ショウとマーベルとチャムが中心となったシナリオですが、何でこれがシークレットなんだろうと思っていたら、ビルバインの外見*2を変更するかどうかを決めるシナリオだったんですね。劇中で明言していたように見た目だけ変更されるので好みで決められます。というかずっと昔のスパロボでカラーリングだけ変えたはずなのに性能が変わる方がおかしい。

*1:本来はワタルが影法師を使って二体の竜の石像に手を伸ばすというやり方で、更にそれで入手できるのは『へん玉』というアイテムでした。へん玉はスパロボでは使い道が無いのでカットされたと思われます。

*2:通常のカラーリングか、夜間迷彩塗装か。