読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的積みゲー

日々のPCゲームプレイをメモし、楽しむために上達する

スーパーロボット大戦V その10「終焉の神、偉大なる皇帝」

スペシャルシナリオ「新しい力」

ヴェルトとロッティは主人公が行うはずの偵察任務を二人だけで行う事になった。そこでヴェルトはロッティに「大事な話がある」と言うが、そこへガーディムが現れる。

ガーディムの襲撃に対抗するため、ヴェルトはグルンガストのリミッターを解除し、ヒュッケバインの新たな武器を振るう。

グルンガストヒュッケバインのパワーアップイベントですね。これでようやく『計都羅睺剣・暗剣殺』と『ブラックホールキャノン』が使用出来ます。これがあってこそのグルンガストヒュッケバイン

しかしヴェルトは本当に鈍感ですね……まあ、ロッティはそれでもそんなヴェルトに好意を抱いているようなのでいいですが。

第37話地上ルート「Dr.ヘル、最後の賭け」

光子力研究所にDr.ヘル一味が攻撃を仕掛けてきたため、迎撃するスーパーロボット軍団。しかしブロッケン伯爵の捨て身の攻撃により光子力研究所が窮地に陥る。

だがそれを見越していたかのように、光子力研究所は姿を変え科学要塞研究所となった。

怒りに燃える甲児はマジンガーZの更なる力『ロケットパンチ百連発』でDr.ヘルの操縦する地獄王ゴードンに挑む。

マジンガーの最終決戦です。Dr.ヘル一味が総出で襲ってきましたが、ここでマジンガーロケットパンチ百連発が追加となりました。今作での設定を考えると、このロケットパンチマジンガー自ら生成している可能性が……?

そしてDr.ヘルを討ち倒したかと思いきや、あしゅら男爵の記憶が復活したためにミケーネの神々が復活という、原作通りのイベントが展開。ここからは原作で続編が作られてないので描かれなかったミケーネとの戦いですね。第3次Zでも描かれてはいましたが、今作ではもう一つのマジンガー作品が絡むので異なる展開が見られそうです。

第38話地上ルート「地獄の門

あしゅら男爵自らの生贄によりミケーネの神々が復活し、スーパーロボット軍団と激突する。

更にどういうわけか彼らを支援するかのように轟龍の完成形である『アトラスMk-II』の一群が襲いかかってきた。そこへジョーが現れ、それが彼も追っている巨大な悪こと『エグゼブ』によるものだと告げられる。

ジョーと共にミケーネと戦うが、彼らの圧倒的な力に押されてしまう。それでもマジンガーZを無敵のスーパーロボットと信じる甲児により、マジンガーZは『魔神パワー』を発揮、マジンガーZは『マジンガーZERO』へと変貌した。

ミケーネとの戦い、そして満を持してマジンガーZEROの登場です。イベントでZEROに変わり、そのままハーデス神を倒すのでこの話では使う事が出来ませんでしたが、戦闘アニメーションは見た目通りの凶悪さ。

光子力ビームが無数の光となって敵を貫く様は圧巻です。俺の知ってる光子力ビームと違うパート2*1

そして部隊が再び合流するのですが、宇宙ルートではフル・フロンタルと和解したという驚きの展開があったようです。確かにOVA版だと今際の際にフル・フロンタルがバナージとわかり合えた描写がありますが、まさか和解するとは……*2。おかげで以降の話では「きれいフル・フロンタル」を目の当たりにする事になって「誰だお前!?」と思わずツッコんでしまいました。

第39話「終焉への目覚め」

それぞれの戦いをひとまず終え、再び集結する一行。そのうちエヴァンゲリオンに乗る三人はNERVに召集され、更にアスカは3号機の試験を行うことになった。

だが3号機は潜伏していた第9の使徒に乗っ取られ、NERVへと襲撃する。突如2号機に乗って戦うマリと共に使徒を迎撃するエヴァ部隊だが、そこへ更に第10の使徒が現れる。第10の使徒を倒すために2号機は獣化の力を使うも歯が立たず、それをかばった零号機が第10の使徒に取り込まれた。

その上エヴァや使徒の力に惹かれてマジンガーZEROも現れる。アスカとレイ、そして甲児を救うためにシンジは初号機を疑似シン化させ、グレートマジンガーを自爆させるもZEROを止められなかった鉄也は送り込まれた偉大なる魔神皇帝『マジンエンペラーG』に乗る。

ヱヴァ破の2体の使徒戦を一つにまとめ、更にマジンガーZEROおよび今作初披露のオリジナル機体『マジンエンペラーG』の登場を織り交ぜていました。

エヴァの方はアスカとレイが同時に取り込まれるというシンジがこれまでにないほど絶望しそうな展開でしたが、原作通りの展開とはいえ仲間がいた事もあって初号機の疑似シン化を果たすという熱い展開。見た目が見た目なので初号機にヒロイックな格好良さはありませんが。

そしてZEROに対抗するためについに登場、その名も偉大なる魔神皇帝『マジンエンペラーG』! かつてのマジンカイザーと同じようにゲッター線の力も借りて完成した機体で、その強さは今作のスーパーロボット陣では屈指。ゲーム的なスペックで言えば、グレートマジンガーと同様にマジンガー故に堅牢な防御力と遠近兼ね備えた武器のラインナップで戦いやすい機体ですね。

クリアすればZEROおよび甲児が味方に復帰し、アスカとレイも助けられるのでめでたしめでたし……と思いきや、この激しい戦いによって三つの世界が融合しかけるというとんでもない事態が発生。ここから更にどうなっていくのか。ところでつい最近ニチアサでも同じ様な展開を見たような?

*1:第2次Z破界編で真マジンガーが初参戦した時、(自分も含めた)原作未見のスパロボプレイヤーは光子力ビームを最弱武器と思っていたので、真マジンガー版の光子力ビームの圧倒的パワーに度肝を抜かれました。そこで思わず「俺の知ってる光子力ビームと違う」という感想が漏れました。そして今回のマジンガーZERO版で更なる凶悪ぶりを見せつけられたので、「パート2」。

*2:原作では逆に恨み節みたいな言葉を遺して死亡したので、なおのこと。