電子的積みゲー

日々のPCゲームプレイをメモし、楽しむために上達する

スーパーロボット大戦V その5「火星の決戦」

第18話「迫るデンジャラスゴールド」

ウォルフガング、カトリーヌ・ビトン、ホイ・コウ・ロウ、ショーグン・ミフネの四人がミスターXの依頼でナデシコの宇宙行きの阻止と勇者特急隊の壊滅のために動き出した。

彼らは『デンジャラスゴールド同盟』として手を組み、ヌーベルトキオシティを襲う。

マイトガインの敵組織が同盟を組んで一斉に襲いかかってくるという話でした。ホイ・コウ・ロウだけ抜け駆けしようとしましたが。原作では手を組む事が無かったので新鮮な光景でしたが、同盟の名前はエンディング『危険なゴールド』から取られていてニヤリとしますね。命名したのもエンディングで中心となって目立ってたカトリーヌ・ビトンだというのもわかっている。

また、この話ではジョーが元軍人という設定をスパロボらしくアレンジ、なんとガンダム00のグラハムの元部下という設定が明かされました。だから飛龍の空中変形がお手の物なのか。しかも軍を脱走していなければ、ソレスタルビーイングと戦っていたかもしれないと、面白いクロスオーバーが見られました。こういうのがたまりませんね。

そしてこの辺りでマイトガインがフル改造済み、かつ舞人がエースとなりました。更に強化パーツで射程を伸ばしたので先陣を切ってリアル系ザコなら一撃、そうでなくても避けたりダメージ微少で反撃したりで非常に役立つユニットに。

第19話「宇宙を切り裂くもの」

火星の後継者を倒すために宇宙に上がった一行だが、道中で火星の後継者の襲撃に遭う。

迎撃する一行だが、その最中に度々襲ってきた正体不明の無人機部隊が現れた。しかしその中には1機だけ有人機が存在している。

この世界での初の宇宙戦です……が、フルメタトゥアハー・デ・ダナンは第3次Zと同様に宇宙でも航行可能*1で、クロスアンジュパラメイルはちょっとした改造で宇宙でも戦闘が可能なようになると、色々驚きな事になっていました。特にパラメイルコクピットの気密性が皆無(しかも変形するとバイクに近い形でパイロットが外に晒される)なのにも関わらず普通に使えるようになっているから、スパロボ補正は恐ろしい。

アンジュがヴィルキスの『突撃』でコクピットから身を乗り出して銃撃するカットがありますが、あれは一体どういう理屈なのか……。

第20話「アマテラス攻防戦」

火星の後継者の基地であるアマテラスに辿り着いた一行は攻勢に出る。

火星の後継者は圧倒的な数の部隊で立ち向かうも、ナデシコのハッキングによってセキュリティを突破されてヤマトを開放され、更に演算ユニット利用のために捕縛していた『アムロ・レイ』および『νガンダム』を奪還されてしまう。

火星の後継者との戦いですが、ここでついに約10話ぶりにヤマトが復帰! その上アムロまで参戦というサプライズがありました。次元を超えてきたνガンダムに搭載されたサイコフレームを演算ユニットの制御に使えないかと利用していたようです。νガンダムアムロのスペックが高いので、参戦時から大活躍出来ます。

同時に復帰したヤマトはやはり他の戦艦よりも頭一つ飛び抜けた活躍。射程も長く他のユニットだと持っていない事もあるP属性武器持ちで隙が無い。

第21話「決戦!火星極冠遺跡!」

火星の極冠遺跡にある火星の後継者の本拠地へと辿り着いた一行。

火星の後継者との決戦が始まるが、そこにドラゴンとガーディムまでもが現れる。

火星での決戦……かと思いきや、途中からドラゴンや今作のオリジナル敵のガーディムまで現れる始末。何故この様な事態になったのかは不明ですが、この戦乱の中で更にドラゴンを率いる謎の赤いパラメイルと、黒いヴィルキスを率いるパラメイル部隊が激突し、一行が待たしても次元を超えてしまう事に。

激突した部隊はどちらもクロスアンジュでのキーキャラが率いていますが、その片方であるエンブリヲ、噂に聞いていましたが胡散臭いというかどうみても危険な臭いしかしませんね。

*1:しかも今作は(改修こそ必要なものの)当初から宇宙航行も可能なように設計されていたという設定。