読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的積みゲー

日々のPCゲームプレイをメモし、楽しむために上達する

スーパーロボット大戦V クリア!

ということで、1ヶ月強の時間をかけてスパロボV(1周目)をクリアしました。マイトガインが参戦しているというだけでも即購入する勢いでしたが、蓋を開けてみればそれ以外にも素晴らしい点が多数あって(方向性はやや違うものの)WやUXと並ぶ名作スパロボだったと思っています。

新規参戦作品の厚遇

マイトガインは主要な話およびメインストーリーラインだけでなく、ブラックガインや胡蝶の夢、更には納豆の話まで再現していて驚きました。特に納豆の話なんか物語的に重要でも何でもない(というか屈指のカオス話)なのにわざわざ1話使ってやってくれる辺り、スタッフはわかっているなと。

ユニット的には強い癖があるわけではないものの、マイトガインは終盤になれば遠近両方に対応出来る上にMAP兵器持ちと万能になる強さを見せてくれましたし、大張さんが原画を担当しただけあって迫力のある戦闘アニメーションが楽しめました。

クロスアンジュも多くの話を再現していましたし、DVEの大半がこの作品を体現したような罵倒ばかりだったのも愛されているなと感じました。それにまさか立ち絵に全裸差分がある(謎の光付き)上に色々とアレなネタも会話で示唆したりと、独特の雰囲気を崩さず目立っていましたね。

クロスアンジュはアルゼナルのメンバーが多かったのでユニットも多めでしたが、主役であるヴィルキスは頭一つどころか二つ三つ抜きん出ていた高スペックぶりを発揮していました。序盤から中盤にかけては遠距離にやや乏しいものの、コンスタントにパワーアップイベントはありますし改造ボーナスがあれば継戦能力も一気に高まるので敵を蹴散らすのに非常に役立ちました。

そしてヤマトはストーリー的には最初と最後を飾る非常に重要な役どころでありましたし、ユニット的にはスーパーロボットが霞むレベルでチートに片足突っ込んだ強さを見せつけてくれました。戦艦なのでサイズ的な有利もあり、移動後武器が弱いものの遠距離攻撃は強力なのが揃っていますし、ヒット&アウェイを持たせればヴィルキス以上に無双してくれます。波動砲は原作通りここぞという時にしか使えませんが、その分原作同様の恐ろしいまでの火力を見せつけてくれました。射程が∞とかイデオンか!

クロスオーバーの妙

UXやBXみたいなあっと驚くようなクロスオーバーはさすがにありませんが、それぞれの作品の設定を上手く混ぜていたのが多かった印象です。例えばマイトガインのキャラであるジョーは『元軍人のエースパイロット』という設定ですが、今作では『連邦軍の元エースパイロットで、上司にはガンダム00のグラハムがいた』という設定になっており、グラハムとのやりとりが所々見られました。直接の言及はないものの、だから飛龍や轟龍を簡単に使いこなせたんだなと納得していました。

他にもゲッターとクロスアンジュの意外な繋がりや、ダイターン3の敵であるメガノイドの最後の存在としてナデシコの北辰が挙げられた事など、納得出来るクロスオーバーの数々が最後まで楽しませてくれました。その分、オリジナル敵のガーディムが他作品と絡みが少ない事が残念。

戦闘アニメーション

第3次Z参戦済み作品はブラッシュアップが主ですが、それでも縦横無尽に動く様はやはり見ていて楽しかったですね。特にZ・ZZ・逆シャアは原作アニメを持ち込んだようなアニメとエフェクトで目を見張りました。

新規参戦作品にはCGで描かれていた作品があったのですが、それも取り込んでいて再現度が高く、非常に満足です。欲を言えば(戦闘アニメではないですが)マイトガインの合体シーンが欲しかったですが、1分以上あるので仕方ないと言えば仕方ないですね。

オリジナルキャラ

男性主人公の総司でプレイしていましたが、軽い一面はあるものの芯はしっかりしている好漢。強い癖はないものの要所要所で目立っていて印象に残っていました。

それを支えるナインはアンドロイドキャラであり、人間の様々なこと(特に『愛』)を学ぼうとしている姿勢が可愛かったですね。総司とコンビでいるとツンデレっぽい反応を示してくれますし、アンドロイドキャラという事で勇者特急隊との絡みもあってたまりませんでした。彼女がいたからこそ原作でもさほど目立たなかった勇者特急隊の出番が増えていたので嬉しかった!

まとめ

細かい不満点は少なからずありますが、それを補って余りある面白さが詰め込まれていたスパロボV。この調子でまた面白いスパロボを作ってもらいたいですし、マイトガインが参戦出来たので他の勇者シリーズも次々と参戦して欲しいですね。

スーパーロボット大戦V その14「嵐を呼ぶ最終回」

第50話困難ルート「決戦の青き星々」

イスカンダルに辿り着いた一行はスターシャと対面し、コスモリバースシステムを受け取る。

これで地球が救えると一行が沸き立つも束の間、その帰路の途中で生きていたデスラーの襲撃を受ける。更にそのどさくさに紛れて現れたエンブリヲがラクスを誘拐していった。

その上次元の狭間にある真のアルゼナルへ転移させられた一行は、エンブリヲとレナードの口から三つの世界の真実を知る。

全てのフラグを立てられたようでifルートが解放されました。こちらを選ぶとよりハードな戦いが待ち受けているとの事ですが、その初っぱなはエンブリヲとレナードとの決戦でした。

しかしレナードはともかく、エンブリヲは他作品の女性キャラにまで手を伸ばしていたのでアンジュを始めとしたクロスアンジュのキャラだけでなく、自部隊の女性キャラに思い切り罵倒されるという展開は笑いました。原作以上に酷い扱い!まあ処女厨で自己中だから当然。

第51話困難ルート「闇より暗きもの」

倒したはずの暗黒大将軍が再び現れ、その命を捧げてハーデス神を『闇の帝王』として復活させる。更にエグゼブを裏で操っていた真の巨大な悪『ブラックノワール』も現れ、その強大な力に一行は圧されてしまう。

ブラックノワールは「自分は高次元人であり、この世界を裏から操って『ゲーム』として楽しんでいた」と語り、特に舞人は待望の完全無欠の『ヒーロー』であると揺さぶりをかけてくる。

自分のアイデンティティーが作られたものなのかと動揺する舞人だが、それを擁護したのは共に戦ってきた仲間達、そして掛け替えのない愛する人の力だった。

闇の帝王とブラックノワールとの決戦です。ブラックノワールは原作だと三次元人であり、マイトガインの世界は二次元だったという衝撃的な真実を明らかにしていました。スパロボでこの設定をどうするのかと思っていたのですが、高次元人とややボカした設定にすることでクリア……と思ったら、イベントが進むと「自分を高次元人と思い込んだ、どこかの星で作られた高度な管理システム」というオチを見せられてビックリしました。しかし原作で舞人が打ち倒せたように、ブラックノワールもまた『ゲームの駒』に過ぎなかったというのを表すのにはいい落とし方だとも思いましたね。

一方の闇の帝王はダブルマジンガーに立ちはだかる最悪の敵という立場を崩さないものの、倒した後に「いつか復活する」と宣言した直後『ゲッターエンペラーとマジンガーZEROが立ちはだかる未来』を垣間見てしまって完全に心を折られてしまっていて思わず同情してしまいました。あいつら相手じゃあ、心が折れても仕方ありませんわ……。

第52話「過去と未来の狭間で」

融合直前の三つの地球に辿り着いた一行を追い、デスラーが最後の戦いを仕掛けてきた。更に生き延びていたアールフォルツのアンドロイドは時空の穴を開き、ガーディム第8艦隊を呼び出した。

三つの陣営による地球存亡を賭けた最後の戦いが、ここに幕を開ける。

ついに最終話。ガミラスとの決戦と真のアールフォルツとの戦いで盛り上がりますが、どうにもアールフォルツがイマイチ強くないので怪しいと思っていたら、やはり後ろに真のラスボスが待ち構えていました。

ネバンリンナそのものがガーディム第8艦隊を殲滅し、ラスボスとなって主人公達の前に立ちはだかりました。よし頑張るぞと思ったら……25体に増殖しました(゜д゜)。ラスボスのユニットが軍勢になって襲いかかるとか初めてですよ……。

とはいえ1体1体はさすがにHP控えめなので大丈夫……かと思いきや、2回行動+エースボーナス「気力130以上で敵フェイズ開始時に『覚醒』がかかる」(登場時全員気力150)という25体が3回行動する事を示していました( д ) =゜=゜

これはさすがにマズいと思って敵フェイズに渡る前にできるだけ数を減らそうと頑張った所、イベントが発生してラスボス達の気力が105まで減少しました。おかげで倒しやすくなりましたし、何とか数も減らせたので3回行動がそこまで怖くない程度に落ち着き、再び自軍フェイズになったらヤマトの波動砲で一掃しました。いやー、さすがにビックリしましたわ……。

スーパーロボット大戦V その13「遙かなる星」

第46話「宇宙の狼」

七色星団にて一行は再びドメルの艦隊と相見える。ドメルの艦隊と戦う中、またしてもインベーダーが両軍に襲いかかってきた。

ガミラスの危機でもあると判断したドメルは艦隊の矛先をインベーダーに向け、一行と一時的に協力し立ち向かう。

ドメルとの決着ですね。2199では強敵かつ好漢なドメルですが、ここではインベーダーという共通の敵が現れた事でそれを見せていたのがスパロボらしくていい。しかしドメルの正々堂々ぶりに反して隠密行動でヤマトに潜入し、ユリーシャと間違えて森雪が攫われる原作通りの展開。ヤマトの話も佳境に入ってきました。この辺りではまだ全60話くらいだと勘違いしてたので「展開早いな」と思ってたのはナイショ。

第47話「守るべき未来」

攫われた森を助けるため、またメルダからの救援要請を受けたため、レプタポーダへ向かう一行。だがレプタポーダはインベーダーの襲撃を受けており、一行は急遽インベーダーと戦う事になる。

その最中、インベーダーはあらゆる生命の敵と判断した沖田はこの戦闘に限り波動砲の使用を許可する。

ヤマトのレプタポーダの話にインベーダーが絡んできますが、そこでまさか波動砲の使用が解禁されるとは思いませんでした。

早速波動砲を使用するのですが、EN消費が劣悪な代わりに威力は今作最強。しかもMAP兵器版は射程が∞! おそらくマップの端から端までいってもまだ威力があるという表現だとは思いますが、あまりの強力ぶりに思わず笑いそうに*1。さすが波動砲だ……!

第48話「繋がる想い、届かぬ想い」

一行を襲っていたELSは本当に敵対者なのか。その疑問を呈した刹那により、一行はELSとの対話を試みる事になる。

だが一方でデスラーは完成させたデスラー砲に寄りELSを攻撃する。ELSはそれを受けてガミラスに襲いかかり、一行はその戦いを止めるため、ELSとの対話を目指すため戦う。

劇場版00の話とヤマトの話のクロスオーバー。

ELSは「(自分達にとっての)異星人は互いを殲滅し合う事がコミュニケーションだ」と思い込んでしまった事で戦う事になってしまったので、その誤解を解くためにも刹那がダブルオークアンタで対話する、というのが劇場版00です。しかし一方のガミラス(というかデスラー)は己が目的のため(しかもガミラスのためではなく自分のため)に敵意を向けてくるからタチが悪い。

第49話「落日の星」

ナインを人質に取られてガーディムに連行された主人公は、首魁であるアールフォルツと対峙しガーディムの文明再興システム『ネバンリンナ』の存在とナインの正体、そしてイスカンダルとの戦いの顛末を知る。

それでもナインを信じ、イスカンダルへの旅を信じる仲間を信じる主人公はその想いからナインを取り戻してガーディムを脱出する。

一方ヤマトは帝都バレラスでデスラーと対峙するが、デスラーはバレラスを犠牲にしてヤマトを潰そうとしていた。

ついに明かされるガーディムの目的と、ヤマトの最終決戦*2が並行します。

今作のオリジナル敵であるガーディムは、あまり積極的に他の作品とクロスオーバーしないのでどうにも印象が薄く、しかもやっている事は漁夫の利みたいなものだというのがみみっちく感じられました。ここで出てきたアールフォルツもどことなく小者っぽさを感じましたし。しかもアールフォルツはここで死んでしまい、この後どうするんだと。

*1:同じ射程∞持ちのイデオンは本当にそのくらいのスペックがありますが、ヤマトの波動砲はさすがにそこまで行ってないと思うので。

*2:この後にも話が続きますが、派手な艦隊戦はここがクライマックスなので。

スーパーロボット大戦V その12「悪魔の洗礼」

第43話ナデシコルート「紫色の悪意」

大マゼラン銀河まで辿り着いたものの、パープルの魔の手はそこまで追いかけてきていた。一行はどうにか振り切って惑星フェルディナへと降り立つ。

だがパープルの追撃は止まらず、更に無理やりデンジャラスゴールド同盟を転移させて一行を襲わせた。

その上パープルが繰り出したロボット軍団は『魔のオーラ』と呼ばれる謎の力によって不死の力を得ており、一行はその猛攻に苦しい戦いを強いられる。

異星でマイトガインの話の再現という、ちょっと変わった形になっていました。まあヤマトの話を進めている中でいちいち地球(今作なら更に別の世界)に戻っていられませんからね。

そしてここではパープルとの決戦。魔のオーラによる洗礼が非常に厄介ですが、イベント前はともかく*1、イベント後の「敵フェイズ開始時に全快する」という能力は自軍フェイズ時に倒せば問題ないですし、敵フェイズ時の反撃ダメージも回復しないのでそこまで脅威ではありません。何よりパープルの乗る飛行要塞は洗礼を受けてないので怖くない!(ボスユニットなので回復してたら厄介すぎた)

第44話ナデシコルート「チドリカナメの罪」

フェルディナに現れたレナードと再会したかなめは、レナードの言葉に動揺しソフィアに精神と肉体を奪われてしまった。宗介は彼女を助けようとするも彼女の口から拒絶され、戸惑ってしまう。

レナードは宗介や一向に大してAS部隊をけしかけ、更に戦いに惹かれてインベーダーやガーディムまで現れた。

フルメタ原作版の終盤の話を主軸にインベーダーやオリジナルが絡んでいました。ここまでレナードを仕留め損なったような印象があったので不完全燃焼気味だったのですが、かなめとの離別やクルツの見せ場、カリーニンとの別れとイベント目白押しなのでいいですね。

第45話ナデシコルート「暗黒の使徒」

フェルディナが爆発し、辛うじて脱出した一行の前にエグゼブとミケーネが立ちはだかる。

パープルを配下にしていたエグゼブは当然のように魔のオーラの力で圧倒するが、パープルとの戦いで活路を見出していたウォルフガングによりイノセントウェーブ増幅装置が作られていた。イノセントウェーブの力で魔のオーラを打ち消し、一行は反撃に出る。

マイトガインの最終決戦……の前半です。エグゼブとの戦いといえば、やはりジョーの轟龍によるドリルアタックですね! ただし今回はそれだけでなくグレートマイトガインの武器に(このしばらく後に登場する)ブラックノワールに使用した『ダブル動輪剣』が追加されます。大張ックな勇者パースからの一刀両断はやはり熱い!

そしてイベントでトドメは轟龍が担ったのですが……ドリルアタックを決める位置の関係でインペリアルの股間にドリルが刺さるという事になっていたのは思わず笑ってしまいました。もちろんジョーは退場する事なく生存。

*1:ダメージを与えてもすぐに全快する。

スーパーロボット大戦V その11「銀河の彼方へ」

シークレットシナリオ「シ者、来訪」

三つの世界が融合するという危機を乗り越えるため、一行はイスカンダルへと向かう準備を行う。一方のシンジ達エヴァパイロットはNERVで待機していた。

そこへかつて倒したはずの使徒が複数同時に現れ、NERVを襲ってきた。

戦線復帰したレイとアスカ、そして加勢したマリが立ち向かう中、シンジは謎の少年『渚カヲル』と出会い、二人で13号機に乗り込み戦う。

ヱヴァ新劇場版:Qの機体とカヲル君の参戦シナリオです。今作では(も)機体のみの参戦、かつ隠し機体扱いな13号機は初号機と乗り換えするユニットですが、初号機と方向性が異なるので好みで使い分けるのもアリでしょうか。自分は13号機だとサブにカヲル君が入るというのもあって、そちらをメインに使っていきます。

第40話「星々の海原へ」

イスカンダルへといざ向かおうとした一行の前に、エンブリヲが復活した早乙女博士と共に出向の重要な鍵となる『真ゲッタードラゴン』を狙って襲いかかってきた。

迎撃する一行はそこで早乙女博士の真意を知る。

イスカンダルへ向かうには次元を超えなければならないですが、そのために必要な鍵に真ドラゴンが入っているというのには驚きました。ただし原作での描写を見たり今作での設定を鑑みたりすると、十分に納得出来ます。そして見え始めるエンブリヲの残念感。

しかしいくら戦艦サイズだからって、戦艦ユニット扱いなんだなとこちらにも少し驚き。まあアレを戦艦に格納するのは無理がありますしねダイターン? 何の事ですか?

第41話「記憶の海の底」

新正暦世界に転移した一行は旅路の短縮のため、放置された亜空間ゲートを利用する事にする。だがその作戦遂行中、一行はガミラスのジレル人による精神攻撃を受けてしまう。

それによって隙が生まれたところに、ガミラスで名将と謳われるドメルの艦隊が襲いかかってきた。

百合亜に憑依したユリーシャの助力もアリ何とか精神攻撃をはねのけたものの、更にガーディムが現れる。しかもその中にはかつて行動を共にしていた仲間の姿があった。

再びイスカンダルへの旅が始まったため、ヤマトの話の再現が来ました。今回はヤマトの精神攻撃の話ですね。ただスパロボ補正によって脅威度が下がっていましたが(というかイベント処理で終了)。

それに加え、ガーディムの襲撃があるのですが、その中には何故か副主人公の姿が。去り際に「イスカンダルを信じられない」と心の中で呟いていましたが、一体どういう事なのか。

第42話「昏き光を越えて」

亜空間ゲートを通ってバラン星へと辿り着く一行の前に、ゼーリック率いるガミラスの大艦隊が待ち受けていた。

ゼーリックはデスラーの死によって統率を取るにまで上り詰めており、それを利用してヤマトを叩きつぶそうとしていた。

デスラーの暗殺の話とゼーリックの猛攻ですね。若本規夫さんの大仰な演技がたまりません。

しかもここの話では波動砲ぶっぱなしの反動で戦域離脱するヤマトも再現。波動砲の使い方が武器としてだけではない(一応、ワープゲートを破壊するという目的もあるものの)という一例なのでたまりません。

シークレットシナリオ「長き旅路を支えるもの」

イスカンダルへの旅路を続ける中、物資の補給が出来ないため先行きに不安を感じるメカニック達。頼みの綱は戦いの中で撃破した敵機の残骸や敵側の補給物資だった。

そこにガミラスの親衛隊艦隊が現れ、一行を襲ってきた。これを好機と見た一行は物資獲得のために戦う。

シークレットシナリオで資金や教科パーツを獲得する、いわゆる『稼ぎ』があるとは……。クロスボーンがいるとはいえ本当に海賊行為(まがい)に走る味方には思わず笑ってしまいました。「ならば海賊らしく、頂いていく!」じゃないよ!